一般社団法人 日本消化器がん検診学会

一般の皆様

がん検診(胃がん・大腸がん)Q&A

みなさまからよく尋ねられるご質問・疑問にお答えいたします。
詳細はお近くの病院・医師までご相談ください。

※参考文献 平成16年度厚生労働省がん研究助成金「がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究」班有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン、同研究班、有効性評価に基づく大腸がん検診ガイドライン
※なお、胃がん検診ガイドラインは平成26年度改訂中のため、新ガイドラインが公開の後、本QAの内容も改訂の予定です。

がん情報サービス(国立がん研究センターがん対策情報センター)

※がんの予防検診については「がん情報サービス(国立がん研究センターがん対策情報センター)」のページもご覧ください。
http://ganjoho.jp/public/pre_scr/index.html

がん検診全般について

1.がん検診は本当に有効なのですか?
がん検診は、健常者を対象にして、症状のないうちに、がんを発見し、そのがんによる死亡のリスクを低下させるために行われます。がんの部位や検診方法によって検診の効果の程度は異なります。検診の有効性とは、その死亡率を減少させているかということの研究で確認されますが、現在(平成26年12月)対策型検診(住民検診など)として行われている胃X線検査による胃がん検診と便潜血検査による大腸がん検診については、それぞれのがんに対する死亡率減少効果が確かめられ、ガイドラインでも推奨されています。
2.がんで精密検査が必要と言われました。どの医療機関へ行けばよいのですか?
消化器がんの診断と治療について十分な技術を持った医療機関において精密検査を受けることが必要ですので、なるべく早くかかりつけの先生や保健師さんなどと相談して下さい。
3.がん検診がいつ、どこで行われているのか知りたいのですが。また、がん検診を受けるのにお金はいくら必要ですか?
がん検診の実施日時や場所、費用については市町村により異なりますので、居住地の市町村担当窓口に問い合わせて下さい。
4.忙しくてなかなかがん検診にいけないのですが。
がん検診は、公民館、市町村保健センターなどで集団方式で行う方法や、検診センタ―などの施設で行う方法、比較的自由に受診できるよう個別の医療機関で行う方法等により実施されていますので、居住地の市町村担当窓口に照会してみて下さい。また、職場でも検診をやっていますので担当課に問い合わせて下さい。
5.昨年、がん検診を受けて大丈夫といわれましたが、今年も受けなければいけませんか。
がん検診は、がんの部位や方法により、次期の指定の期間がありますので、その指定通りにお受けください。がんの種類によっては発育が非常に早いものもあります。定期的にお受けください。

胃がん検診について

6.胃がん検診を受けるメリットは何ですか?
胃がん検診は、胃がんによる死亡を減少させるために行っています。日本で行われた研究によると、胃がん検診を受けることによって、胃がんの死亡の危険は50~60%減少させると言われています。
7.胃がん検診ですべての胃がんの発見が可能ですか?
胃がんは、一般には隆起(でっぱり)したり、陥凹(へこみ)したりしてるので、レントゲンや内視鏡での診断は容易です。しかし、ごく初期のがんは、変化が微細で平らなタイプのものがあり、このようなタイプは診断が難しくなります。また、ごくわずかですが、発育の速度が速くレントゲンで描出出来ない状態から急速に発育するタイプがあります。このようながんは、内視鏡でも発見することが困難とされています。また、胃の部位によっては発見が難しいときがあります。
8.胃がん検診のレントゲン検査での放射線被曝が心配なのですが。
胃がん検診のレントゲン検査で浴びる放射線の量は、0.6ミリシーベルトとされています。これは、我々が通常浴びている自然放射線(空から降ってくる宇宙線の他、大地からも空気中からも、また、われわれの体内からも放射線が出ます)の年間の量(2.4ミリシーベルト)の4分の1に過ぎません。この微量の放射線が、がんの誘発など人体に影響を及ぼすという証拠は得られていません。
9.胃がん検診を受けると必ず精密検査になるので、毎年受ける気になれないのですが。
あなたの胃の変形が強かったり、昔かかった潰瘍の治ったあとが、がんのサインと区別できないためでしょう。そのような胃はがん検診に向かない可能性があります。かかりつけ医師にご相談ください。自分の胃ががん検診に向かない場合、かかりつけの専門医を決めて定期的に内視鏡検査を受けるなどの対応もあります。
10.バリウムが苦手で胃がん検診を受けたくないのですが。
かかりつけ医師にご相談ください。専門医で定期的に内視鏡検査を受けるなどの対応もあります。
11.胃がん検診で精密検査が必要と言われました。がんの疑いが強いのでしょうか?
胃がんは、胃潰瘍(あるいはその瘢痕)、ポリープ、胃炎など、普通にみられる胃の病気とよく似た形態をとっています。胃がん検診では、これら良性の病気とがんを識別できない場合も精密検査が必要と判定します。精密検査になった方の100人に60人くらいはこのような良性の病気で、実際にがんと診断されるのは1人か2人です。特に早期のがんほど、良性の病気との識別が難しくなります。
12.精密検査の内視鏡検査が不安なのですが。
最近の内視鏡検査は、以前の胃カメラに比べて断然飲みやすくなっています。内視鏡の専門医がいる医療機関では万が一の事故に対する処置体制も整っているので安心して検査を受けましょう。消化器内科の専門医にご相談ください。
最近の上部消化管内視鏡検査の事故発生頻度は10万件に2例程度です。また、胃炎や胃潰瘍の原因となるヘリコバクター・ピロリという菌が内視鏡により感染する可能性があるとの報告がありますが、専門医のいる医療機関では、そのことも念頭に置いて内視鏡の洗浄・消毒などの的確な対策がとられています。

大腸がん検診について

13.大腸がんは最近増えているのでしょうか。また、その予防策はあるのでしょうか。
大腸がんになる人、大腸がんで死亡する人が増加しています。大腸がんの原因は食生活の欧米化と言われて来ましたが、実は食生活と大腸がんはあまり関係がありません。確かに赤身の肉(牛肉・豚肉)を多く食べると大腸がんの危険性が高まりますが、大腸がんになるほど多くの肉を食べている日本人は多くはいません。代わって大腸がんの危険性を高めるものは加齢です。また、飲酒、喫煙、肥満、糖尿病があると大腸がんに罹り易くなり、運動によって大腸がんの危険を減らすことが出来ます。
しかしながら、生活習慣を改めても完全に大腸がんを予防することは出来ませんので、大腸がん検診によって大腸がんを早期発見・早期治療して大腸がん死亡を防ぐことが重要です。
14.大腸がん検診を受けるメリットはなんですか。
便潜血検査による大腸がん検診を毎年受けていれば、受けていない人と比べて、大腸がんで亡くなる危険性は40%以下に減少します。また、仮に大腸がんが見つかっても、ほぼ2人のうち1人は手術ではなく内視鏡によってがんを治療することが出来ます。
15.大腸がん検診はどのように行われるのですか。
検診の対象は血便、下痢・便秘、腹痛などの自覚症状がない人です。逆に、このような症状のある人は、はじめから病院を受診して、大腸内視鏡等の検査が必要です。検診では、便にわずかな血液(便潜血)が混入しているかどうかを調べるために、2日分の便を極少量採取していただきます。この便潜血検査で2日間のうち1日でも陽性になった人は、後日精密検査を受けていただきます。精密検査は内視鏡で大腸全体を観察して病変が無いかどうかを確認します。場合によっては、S状結腸(肛門から約50cm)まで内視鏡でみて、さらに奥はレントゲン検査(注腸X線検査)を行うこともあります。
16.大腸がん検診ではすべての大腸がんを診断することができるのですか。
現在、日本で行われている免疫便潜血検査2日法では、進行がんの約80%、早期がんの約50%を拾い上げることが出来ます。見つけられなかった場合でも毎年検診を受けていれば、4分の3以上は救命可能な段階で発見されます。精密検査で発見できないがんは約1~4%といわれています。もし、検診と検診の間に症状(血便、腹痛、下痢・便秘など)が出現したら、すぐに病院を受診して下さい。
17.大腸がん検診で大腸がんが発見されたら治るのですか?
大腸がん検診で発見され、治療を受けた患者さんが5年後まで生存している確率は85%であり、症状が出てから病院を受診して発見された患者さんの67%と比較して、明らかに良い結果が出ています。また、より早期のがんが多く発見されるので、約半数は開腹手術をしなくても内視鏡で治療できたり、人工肛門を作らなくてすむ確率も高くなります。
18.大腸がん検診を受けて、不利益なこと(副作用、合併症など)が起こることはないですか?
便潜血検査では副作用はありません。便潜血検査が陽性になった場合、精密検査が必要になります。精密検査は多くの場合、大腸内視鏡検査で行われ、場合によっては肛門に近い部分のみ内視鏡で見て奥はX線検査で検査する方法もあります。いずれの検査でも腸の中を空っぽにしてから検査をしますので、前もって大量の下剤を飲んでいただきます。非常にまれではありますが、この下剤で腸に穴があくことや、検査直前の腸の動きを止める注射でショックを起こすことがあります。また、内視鏡検査で腸に穴があいたり、出血することがあります。これら偶発症の頻度は日本消化器内視鏡学会の全国集計(2003-2007年)によれば内視鏡観察のみ(組織を採っての検査を含む)では0.012%(約8,300回に1回)です。その場合は緊急手術が必要になることもあります。また偶発症による死亡の危険は0.00082%(12万回に1回)です。
X線検査で受ける被爆量は2~3ミリシーベルトで、われわれが通常浴びている年間の自然放射線(2.4ミリシーベルト:空から降ってくる宇宙線のほかに、大地、空気中、さらには体内からも放射線がでています)と比較して、ほぼ同じ程度です。この微量の放射線が、がんの誘発などの人体に悪影響を及ぼすという証拠は得られていません。

一般の皆様